2016(H.28)年度


・総 会  2017/06/10(土) 都立 立川 高等学校にて
・研究大会 2018/03月の予定



・プログラミング教育 専門委員会

※ 専門委員会とは
総会において承認された専門委員会について会員へ周知し、
会員は、希望する専門委員会への参加登録をして、各専門
委員会での研究協議等へ出席できる。
但し、企業等の法人関係の会員は専門委員会への参加登録ができない。


2017(H.29)年度 研究協議会概要

過去の研究協議会資料のWEBページをご確認ください。

第3回 企業・大学系研究協議会

デジタル技術を体験して「未来の学びをデザインしよう!」見学会

日時:2017年8月22日(火) 13:00~17:00(受付12:30~)
場所:FUJITSU Digital Transformation Center (DTC浜松町)

東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル(受付:30階)
内容:AI最先端技術紹介、体験、生徒によるワークショップ

講師:富士通株式会社 様

※限定20名の研修会となっています。人数が埋まりしだい締め切らせていただきます。
(会場の都合により、8/15締切とさせていただきます)

2017kensyu3.pdf依頼文はこちらをお使い下さい

問い合わせは(2017kyougikai(あっとマーク)tokojoken.jp)までお願いします。なお、タイトルは必ず「『未来の学びをデザインしよう』問い合わせ」としてください。


全高情研 東京大会について

今年度 2017(H.29) 年度 の
全国高等学校情報教育研究会 研究大会について




● 来年度(2017(H.29))は、第10回 全国高等学校情報教育研究会全国大会が、東京で開催されます。

● 詳細につきましては、こちらのWEBページ
(全国高等学校情報教育研究会) をご参照ください。

2017.7.25 3Dプリンタ研修会 報告

研修会の様子他

  
  

日時:2017年7月25日(火)
場所:都立竹早高等学校
内容:3Dプリンタ研修会
講師:富士電機ITソリューション株式会社

竹早高校に導入された3Dプリンタを題材に、動かすためにはどのような機材などが必要なのか、ソフトウェアはどのように使うのか、コストはどのくらいかかるのか、また、他校での実践事例等を講師の方のお話を元に、研究協議を行った。
実際にソフトウェアを利用し、サンプル作品を作成することを通して、実際の使い方や時間などについて理解を深めることができた。
また、印刷時間を利用し、プログラミングソフトウェアを用いた教育についても研究協議を深めることができた。


2017.7.6 都立町田高等学校授業見学会 報告

研修会の様子他

日時:2017年7月6日(木)
場所:都立町田高等学校
内容:授業見学、施設見学
授業者:小原 格 先生
単元:問題解決(問題の整理と分析)


6限:問題の整理と分析(1)
調査と情報分析の内容であり、分析を意識した調査を計画する必要性や、収集した情報が定量的か定性的かによってその後の分析方法が変わってくることを学習した。特に、数値化されていない情報を図解させる工夫などを目的に、スライド作成について復習を行った。

7限:問題の整理と分析(2)
思考を図にすることの重要性を復習した後、枝分かれの図として、メモリーツリーやロジックツリーなど、さまざまな表し方を学習した後、自分の「問題」をMECEを意識したロジックツリーを実際に書いて確認した。その後、「IE図」に、問題点を明確にしつつまとめを行った。


2017.7.3 都立日比谷高等学校授業見学会 報告

研修会の様子他

日時:2017年7月3日(月)
場所:都立日比谷高等学校
内容:授業見学
授業者:田中 洋 先生
単元:インターネットの仕組み



都立日比谷高校にて、「インターネットの仕組み」についての授業見学を行った。


前回の授業で生徒には「ネットワーク」の範囲について教科書を読んでくるという宿題が課されていた。今回の授業では、その宿題の範囲について、CBTによる理解度確認小テストが実施された。生徒たちは1回目は何も見ないでCBTを実施し、自分の理解度を確認した。その後、誤答した範囲について教科書を見ながら復習を進め、2回目・3回目とCBTを繰り返し実施していた。毎回問題が変わるシステムとなっており、出題の方法も正誤問題、択一問題、記述問題と3通りあるため、複数回実施して、楽しみながら内容を理解できる様子であった。


CBT終了後は、ネットワークコマンドによるIPアドレスとDNSの実習。その後、HTMLによる課題制作の説明および課題制作へと授業は進行した。課題の内容がCBTの範囲と一致しており、事前に理解を深めてから課題制作を行うことにより、課題作品のレベルが高まることが期待できる流れであった。


2017.6.30 都立小金井北高等学校授業見学会 報告

研修会の様子他

日時:2017年6月30日(金)
場所:都立小金井北高等学校
内容:授業見学、施設見学
授業者:飯田秀延 先生
単元:総合実習(情報通信ネットワークを用いた問題解決)


現在作成中です。


2017.6.26 都立石神井高等学校授業見学会 報告

研修会の様子他
   

日時:2017年6月26日(月)
場所:都立石神井高等学校
内容:授業見学、施設見学
授業者:小松一智 先生
単元:アルゴリズム


アルゴリズムの1時間目で、基本的な「順次処理」「繰り返し」「判断分岐」を学ぶ。
教材にはblockly(https://blockly-games.appspot.com/maze?lang=ja&level=1&skin=0)を活用した。
中学校でフローチャートを学んでいる生徒が半分程度であったため、復習を交えながら実習中心で行った。
生徒はどのようにすれば迷路から脱出できるかを考えながら楽しく学んでいた。


2017.6.22 都立立川高等学校授業見学会 報告

研修会の様子他

日時:2017年6月22日(木)
場所:都立立川高等学校
内容:授業見学、施設見学
授業者:佐藤義弘 先生
単元:インターネットの利用-CSSファイルの利用


現在作成中です。